樽見鉄道・北方真桑駅

北方真桑駅(きたがたまくわえき)は、岐阜県本巣市上真桑にある樽見鉄道樽見線の駅。「北方」とあるのは、国鉄時代の開業時に至近の北方町の要望を受けたためであります。現在も、本巣郡として北方町はあります。“郡”と名乗ってますが、北方町のみの寂しい“郡”です。
画像
とてもシンプルな駅舎です。駅舎の前には丸型ポストが鎮座しています。ローカル色が濃い駅舎には丸型ポストが似合います。本当は、ポストも撮影しようと思ったが、おばちゃん達の井戸端会議がココで始まり撮影を断念しました。
画像
有人駅だが、駅員が配置されるのは月曜日と金曜日のみで、火・水・木・土・日・祝は無人となる。自動券売機1台設置。2006年8月1日より窓口営業時間が13:00~19:00へ、2008年6月より15:00~18:00へ短縮された。尚、この駅の側には、私立高、県立高、高専高校が乱立しているので、学生が多いです。(男子学生が9割です。)

"樽見鉄道・北方真桑駅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント