立浪和義選手カッコよ過ぎます!

ドラゴンズ一筋22年、立浪和義選手が正式に引退を表明しました。立浪選手の理想は「打って走って守る」のが思想だそうだが、「走る事と守る事が衰えた」のでユニホームを脱ぐんだそうですが、ナゴヤドーム公式戦最終戦で、6番ファーストでフル出場しまして、4打数3安打の猛打賞。それも、最終打席はタイムリー2塁打。ミスター ドラゴンズでもあるが、ミスターダブルでもある立浪選手。カッコよ過ぎます。こらだけ見たら、来年も出来ますよね~。井上一樹選手も引退して、来年から代打の切り札はだれだよ。
これで、ベテランで生え抜きの選手は山本昌広投手だけに成りましたね~。

立浪選手も少し勉強して、後の中日ドラゴンズ監督をお願いします。その為に背番号「3」を永久欠番にして欲しいですね。その前に、クライマックスシーリーズもお願いします。

"立浪和義選手カッコよ過ぎます!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント