樽見鉄道撮影!

を買い帰宅の戸に着きましたが、本巣市内を走る列車が、もう1路線ありますので、やっぱりこちらも、撮影する事にしました。

樽見鉄道は、10数年ぶりに撮影するので、その時は本巣駅での撮影でしたので、今回は撮影場所とかは、決めてません一応、自宅を出る前にPCで時刻表をチェックして来ましたので、通過時間はOKですか、撮影場所に困りました。この季節、変な場所で撮影すると、柿泥棒と間違えられるので、気を付けて場所を選びました。

結局、宗慶(そうけい)踏切で撮影する事にしました。場所はこちらです。

画像
宗慶踏切から 大垣方面を撮影しました。この宗慶踏切(写真左側)から撮影する事を決めました。この道、結構通行量が多く、路線バスも通っていますので、写真右側が宗慶公民館の敷地内で、通過時間ギリギリまで待つことにしました。

そろそろ、撮影準備に入ろうと思い、踏切に近づこうとしたら、♪カン、カン、カン鳴ってしまった~急いで、予定より反対側から撮影した1枚です。
画像
13レ ハイモ295-315号(大垣~樽見)
ハイモ295-315号/平成11年富士重工製
今までのハイモ230型と違い、車体の構造がバスボディーから軽快気動車仕様になりました
車体の大きさも1メートル長く16メートルとなり、エンジンの出力も230馬力から295馬力になりました
ATS-ST形搭載

太陽が車体の向こう側ですので、暗く成ってしまいました
もう少し待って、大垣行の列車も撮影しようと思ったが、時間がなく合えなく退散しました。

樽見鉄道の写真は、油断大敵の4文字熟語が良く合う撮影でした。

"樽見鉄道撮影!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント