ジャイアンツXドラゴンズ 第2回戦

D先発 山本昌投手が2回途中、背中の張りを訴えて、降板。あとを受けたチェン投手が見事なピッチング。5回3/1イニング1安打0封。

鈴木投手も1イニング0安打。9回は岩瀬投手が2三振1セカンドゴロに抑えゲームセット。9回表に投げた クルーン投手とは大違いだ。

打線も谷繁選手が先制タイムリーと9回ダメ押しに近いタイムリー、和田選手も犠牲フライの1打点。

チェン投手は来日して、5年目で初勝利おめでとう

ドラゴンズ3ー0ジャイアンツ

"ジャイアンツXドラゴンズ 第2回戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント